どこかに連れて行ってくれるのは自分だけ

カテゴリー Uncategorized

誰しも、他の人に期待してしまうときがある。

アラジンがお姫様を魔法の絨毯に乗せて、新しい世界を見せに行くみたいに

ふいに誰かがやって来て、

どこか気が晴れるところへ、もっと力を発揮できるところへ、幸せになれるところへ

連れて行ってくれたら全てが解決するかのような

そんな気持ちにかられるときもある。

いつかチャンスが向こうからやってきて、自分にスポットライトを当ててくれるのを

心のどこかでまだかなと待ってしまうようなときもある。

でも、何かが起こってくれるのをただ待つほど不確かなものはないし、

不確かなものほど、期待してがっかりするものもない。

 

どこかに連れて行ってくれるのは、

自分だけ。

 

それは、他の人はあてにならないという話ではなくて

むしろ他の人が「できるよ!」「やりなよ!」

と全力で後押ししてくれたとしても

そこで自分が勇気をだして、実際に動くことができなければ

結局どこにも行けないままだということ。

どこかへ行きたいなら、自分が動いて、自分を連れて行かなくちゃ。

自分を行きたいところへ連れて行くことができるのは、きっと自分だけ。

6+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください