まだ途中だけど、最近やっていたことの記録

カテゴリー Uncategorized

最近やっていたことを
別に隠す必要もないので
ちょっとした報告の意味も込めてまとめます。

今年は これまでやってきたことを一旦やめてみたり、躊躇していたことに手を出してみたりしてきました。
そのきっかけは、さっそく去年まで遡ります。

2017年、色んな人に声をかけて貰ってチャンスを頂いて
初めましての色んなところで演奏したり
人生初の、そして夢だった海外出張に行ったり
すごく充実していたはずなのですが
忙しいあまり自分を置いてけぼりにして
日々についていくのに必死
とにかくできるだけ誰にも迷惑をかけずにやり終えることに必死…になっていました。

そして他の人との意見のすれ違いから
自分の価値観が間違っているのかなと
迷ってしまったり、
自分の中で意思が固まってないから、
誰かに何か言われるたびに揺らいでしまったり。

そうやって終えた2017年、そして始まった2018年。
わたしはなんとなく元気がなくて
自分のやっていること全てに
自分で選択した実感がなかった。
はっきりとした目標もなければ、
何かに向かって積み上げてきた何か
みたいなものもなくて、
わたしは1年間何をしていたんだろう
これから一体何をしていきたいんだろう
と考えても考えても分からず、
どこにも行けないような気がしてぼんやりと落ち込んでいました。
せっかくの1年の始まりだというのに…。

どんなに考えても答えは出なさそうだったので、「たまには無計画に動いてみるか」という軽い思いつきから、
2018年は、「今まで興味があったけど、自分には無理と思ってやってこなかったこと」
に好奇心の赴くまま手を出してみることに。

昔から海外ドラマが大好きで、
いくら見ても飽きることなく
それで英語が話せるようになったと思うくらい、そして周りの友達が見ているテレビを一切見なくても平気なくらい、
夢中になって見ていたから
映像字幕を作ることにひそかにずっと興味があって、
ついに通信講座を受けてみました。

ほかにも。
仕事中に辞書サイトを沢山使うんですが、そのときたまたま広告を見かけた
同時通訳コンテストに勢いだけで応募。
外大生の頃にほんの少しだけ受けた通訳の授業を思い出しながら必死に勉強して、予選はなんとか訳し遂げました。
(とはいえ、予選落ちでしたが。)

そのあと逐次通訳のワークショップに
いくつか参加してみては、
通訳として働いている人や、なりたいと思っている人ってこんなにいたんだと驚いたり。
それと同時に同世代の若い人があまりいないことも不思議に思ったり。

どれもこれも、「これをやってこんな結果が出ました」と誰かに言えるようなものではないけれど
実際に英語と日本語を扱うプロとして仕事されている方に出会えたり、
これからそういう仕事をしたくて、一緒に勉強しましょうと誘ってくださる方に出会えたりしたので

ひとまず、去年までは見たことのなかった世界をちゃんと自分の目で覗き見出来ていること自体が、
わたしにとって大きな一歩だったかなあと思います。

とはいえ、わたしは翻訳家や通訳者になりたいのかと言われると、今のところ必ずしもそうでもなくて
今の商社での仕事も、色々あるけどなんだかんだ気に入っているし
こうしてやってきたことが具体的な何かに繋がるかは、まだ分かりません。

ただ、パーフェクトな結果が出るまで内緒にしておく必要も特にないから、この過程も含めて一旦記録しておきます。

そしてそろそろ、こうやって色々やめたり試したりしたことを振り返って、
次にやることを考えてみようと思います。それもまた楽しみ。

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください