大人になってから新しいことを始めるのは、難しくない。
中編―頼れる仲間の探し方

カテゴリー 大人が新しいことに挑戦する方法

新しい1年の始まりをきっかけに、何か新しいことに挑戦してみたい…けどちょっと不安な人や、具体的にどうしたらいいのか分からず困っている人へ。「大人になってから新しいことを始めるのは、難しくない!」を伝えるシリーズ、中編です。

なぜ難しくないのか?簡単に言えば、今やあまりお金をかけずに手軽に始められる、でもクオリティの高い独学方法が豊富にあるから。(具体的には前編1. 独学の方法』で紹介しました。)

でも、独学方法があると言ったって、「そんなの分かってるけど、一人で続けるのが難しいんだよ…」と思った方も少なくないのではないでしょうか。その通り、やっぱり継続するには一人じゃ辛いときもある。そんなとき、頼れる仲間を探しに行く方法があるとしたら?しかもその方法も、独学と同じように手軽にトライできるものだとしたら?今回は、その方法をいくつか紹介したいと思います。

2. 頼れる先生や、一緒に頑張る仲間を探しに行く方法

独学は確かに費用を抑えられるけど、初めてのことをやるときって何かと「先生」がいないと不安なものです。始めのうちは自力である程度進むことが出来ても、途中で課題にぶつかってしまうこともある。また、一人だと自分で時間を作って進捗も管理しなければなりません。モチベーションの管理も難しそうですよね。

そこで、新しいことに挑戦する中で「どこかに先生か、一緒に頑張る仲間はいないかな~」と思ったときに、探しに行くための方法を紹介します。

① Peatix (ピーティックス)

Peatixとは、オンラインでイベント情報ページの作成や、告知、チケットの販売・購入ができるスマホアプリです。

たまたま去年 とある通訳ワークショップに参加した際、受講の予約手続きや受講料の支払い方法にPeatixを指定され、そこで初めてこのアプリの存在を知りました。あまり乗り気ではなかったのですが仕方がないのでインストール…してみたところ、意外にも何かと役立ってくれて、今もゆるく使い続けています。

イベントに乗り込んで、仲間を探す

私の使い方は、アプリ内でイベントを検索し、自分の困っていることを解決してくれそうなイベントや、単純に「面白そう!」と思ったイベントがあれば参加してみるというもの。Peatixに載っているイベントの内容は、経営者向けのビジネスセミナーから、何かしらのスキルや趣味の初心者向け講習、映画鑑賞会、音楽イベント、ヨガ、フィットネス、英会話、ただのパーティーなど、多岐に渡っているようです。自分がこれから新しく取り組もうと思っていることに関連したイベントに参加して、そこで先生や、仲間になってくれそうな人を探すのです。

人見知りさんのために

「一人でイベントに乗り込むなんて、気が引ける…」「独りぼっちで浮いたらどうしよう」という方も、色んなタイプのイベントがあるので、自分がトライできそうなものからちょっとずつ参加してみて下さい。

例えば、ワークショップ形式のイベントはグループワークの機会があるものも多いので、自然と周りの人と話すことになります。一方いきなり知らない人と話すなんて嫌だという方は、まずは聞くだけで良さそうな勉強会、講演のようなものから覗いてみても良いかもしれません。

私も人見知りですが、他の参加者の方も一人で来られていることが多いですし、そうでなくても、相手も大人です。起こりうる最悪の事態といっても、よほどのことがない限り、「ああ、自分は場違いだったな~」と内心冷や汗をかくか、「このイベントは合わなかったから、今後は参加しないでおこう」という学びをひっそり持ち帰るくらいで済むと思います。そんなときは、”At least I tried!” (少なくとも、挑戦したんだし!)と勇気を出した自分を褒めて、また別のチャンスを見つけに行きましょう。

探すのが面倒な人は、おすすめ機能を活用

そして検索よりも私が気に入っているのは、一度参加したイベントを元に「おすすめイベント」の情報を通知してくれる機能や、関心分野のイベントの主催者をフォローしておけば、その主催者がイベント情報を更新する度に通知が届く機能です。

たまに通知が多くて鬱陶しく感じることも正直ありますが、忙しいときは無視しておいて、時間のあるときだけでも目を通すようにしておけば、意外なときに「おっ」という情報に出会うことが出来ます。

② コワーキングスペースのイベントページ

今色々なところにあるコワーキングスペース。知らない方のために、「コワーキングスペース」とは、机と椅子、wi-fi、会議室、セミナールーム等の設備を備えた施設で、組織に属さず働いている人や、固定の事務所を持たない人、勉強や打ち合わせのための場所が欲しい人などが、共有で使うオフィスのようなものです。またその多くが、ただ場所を提供するだけではなく、その環境を活かしてイベントや交流会も開催しています。

街の図書館や学校の自習室とは違って有料で、使用時間や契約期間に応じて色々な料金プランが設定されている場合が多いようです。(ジムのようなイメージでしょうか。)

正直、一会社員の私にとっては、会員登録をするほど作業場所にも困っていないし(ブログは自宅や移動中に書くので事足りているし)、「ちょっと気になるから使ってみよう」と思うにはどうしても料金が高く感じてしまうので、会員になって通いつめようとは思っていません。(ちょっと憧れるけど)

場所からイベントを探すのもアリ

でも、ここで開催されるイベントに参加すれば、会員でなくても(イベントのときだけ)コワーキングスペースにお邪魔できるのです。(場所やイベントによって違うと思うので、詳細は事前によく確認するようにして下さいね!)

本来ならまずイベントを見つけて、その会場がたまたまコワーキングスペースだった、という流れが一般的なのでしょうが、「自分に合いそうなイベントはないかなあ」「これから新しく始めるには何がいいかなあ」と迷っているときは、逆にコワーキングスペースのイベント情報一覧などに目を通して、ピンとくるものがあれば参加してみるという手もあります。

壁にぶつかったのをきっかけに、頼れる人が見つかった

私の場合は、このブログの運営に利用しているソフトウェア「Wordpress」の使い方に困ったときに、「誰かに教えて貰わないと、もう無理!」とその“誰か”を探し続けたところ、大阪・京橋にあるコワーキングスペース「OBPアカデミア」で開催されている「WordPressもくもく勉強会」というイベントを見つけました。受講料は1500円、3時間で、その名の通り一人もくもくと作業してもいいし、世話役(講師)の方に質問してもいいし、世話役の方のミニトーク(ためになる話や、質問の多かった内容を全員に向けてレクチャーするなど)の時間もある、というイベントです。

私ほどの初心者でも大丈夫だろうかという不安を抱えながらも、なんとか勇気を出して飛び込んだところ、今後困ったことがあれば頼ることのできる先生方にも会えましたし、私と同じように「ブログを頑張るぞ!」と思っている他の参加者の方々にも会えました。

参加前には「WebやITに詳しい人って厳しいんじゃないかな、変なこと聞いたら、呆れられるかな…」なんていう偏見とも言える不安を持っていましたが、このイベントは世話役の皆さんも参加者の方々もどこか朗らかとしていて、なんだか居心地が良いです。初心者にも優しくて質問もしやすく、自然と会話が発生する場所なので、これからWordpressでブログやホームページを始めたい関西在住の方には、(勝手に)自信を持っておすすめしたいイベントです。

私がラッキーだったと言ってしまえばそれまでですが、色々な場所で様々な人があらゆるイベントを開催している今、あなたの頑張りたい何かや、探している人や環境に当てはまるものが、どこかにあるような気がしませんか?

関西だけでも色々なコワーキングスペースがあり、各所でイベントをやっているみたいなので、調べてみると自分に合うものが見つかるかもしれません。


もちろん、仲間を探しに行く方法は、上に挙げた2つの例以外にも

  • インターネット上でとにかく検索してみる
  • Facebookのイベントページ
  • TwitterやInstagramで人を探してコンタクトを取ってみる
  • 知り合いに紹介してもらう

などの方法もあります。イベントに参加することだけが目的にならない程度に色々試してみて、自分に合った方法を是非ゆっくり見つけていってください。

そして最後に、大切なことを。

「頼れる仲間」とは、友達になれなくてもいい

タイトルに「頼れる仲間の見つけ方」と書きましたが、ここで紹介した通りイベントに実際に足を運んだとして、そこにいる人たちと実際にどんな関係を築くことになるかは、わりと運に左右される部分も大きいです。

友達になれる人を探している人もいれば、イベントの時間内だけ情報交換や会話を楽しんで、連絡先を交換するわけでもなく、「自分と同じように頑張っている人もいるんだな」という思いだけを持ち帰れば十分という人もいます。

誰にとっても、限りある時間。私はどちらかというと、「せっかく出会った人とは繋がっておきたい」と思いがちな性格ではありますが、そうすることが正しいとも限りません。本当にピンと来たときだけでも良いと思う。

そしてたとえ友達のように話せる人には出会えなかったとしても、「ああ同じように頑張っている人がいるんだな」「こんな素敵なことができる、自分よりずっと前を走っている人もいるんだな」と思える人と同じ空間で時間を過ごし、そんな人の姿を自分の目で一度見るだけでも、心の中には大きな変化が生まれると私は思っています。

意外とそういった「遠くできっと頑張っている」人の存在が、くじけそうなときやサボりたくなったとき、自分を励ましてくれることも多いのです。

 


さて、次回はいよいよ後編になります。独学方法も見つかったし、仲間を探しに行く方法も分かった。その上で、途中で投げ出さないようにするコツ、継続させるために大切なことについて書きたいと思っています。

8+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください