こんなに失敗だらけでも、
英語は話せるようになる

カテゴリー 楽しいことだけやりたい人の英語勉強法

私が英語で話しているところを見た人に、最近よくこんな言葉をかけられます。

「そんな風に話せたら楽しいだろうなあ」
「それだけ話せるようになるには、海外に住まないとだめですか?」

そんなことを自分が言われるようになるなんて嬉しいなと思いつつ、もしかしたら私が「特別だから」英語が話せるように見えているのかな?と少し不安になりました。

私は、「誰だって興味を持って勉強を続ければ、英語は話せるようになる!」と心から信じているから。

その証拠に、「私みたいな失敗だらけの奴でも話せるようになったんだよ」ということを、色んな人に知って貰いたくなりました。なので今回は、私がこれまでに経験してきた 恥ずかしい、笑うしかない、情けない失敗談をまとめてみました。


覚えたことしか言えなかった

中学入学以来、ずっと英語が好きだったものの、生まれてからずっと岡山に住んでいた私は当時外国の方に会って話す機会はほとんどありませんでした。大学入学とともに神戸へ引っ越し、「国際都市・神戸で沢山英語を勉強したい!」…そう意気込んでいた私は、外国人留学生と日本人学生がお菓子を食べながら英語で会話する、大学内の交流会のようなところへ顔を出すようになりました。

しかしいざ話すとなると、即興ではなかなか言葉が出てこない。ましてやそれまでの人生で日本人以外の人と気軽に自由にお喋りした経験がほとんどなかった私は、自分とは違う目の色、肌の色、髪の色をした人を目の前にするだけで少し緊張してしまいました。

「今日はこんな話をしよう」と事前に考えてから行き、口を開く前に頭の中で文章を作り、必死に何度もイメトレして覚える。そして自分の番になったらその覚えた文章をさも即興かのように一気に話す。もう、終始心臓はバクバクです。

表面上は取り繕っていても、内心そんな調子だから、私が頑張って言ったことに誰かがリアクションしてくれても上手く返事ができない。そもそも何を言われたのかすら分からないことだって多々ありました。たとえ分かっても、また頭の中で文章を作って練習しないと返事が出来ない。試しに一切練習をせずに口を開けば、すっごく時間がかかってしまう。「自分、かっこ悪い…」「みんなの目線が痛い…」と思いながら、恐る恐る話していました。ノリだけで初対面の人と仲良くなれるタイプの人間ではなかったので、しばらく通ったものの、ここでは友達はできませんでした。

外大生のくせに英文メールもままならなかった

確か大学3年生のとき、外国人の先生のゼミに入りました。ゼミは全て英語で行われます。先日たまたま当時の自分のSNS投稿を見る機会があったのですが、このゼミに関する自分の発言に愕然としました。

なんと、「先生から英語でメールがきた」「どうしよう」「英語で返信してみたけど、通じるかな?」などと書かれていたのです。しかも、私が通っていたのは外国語大学。4年間好きなだけ英語を勉強できる環境にいたとは思えない発言に唖然としました。

こんなポンコツ学生だった事実をすっかり忘れていましたが、きっとこのゼミなどを通して、これ以降に頑張って勉強したのだと思います。今となっては英文メールは毎日のこと。人って変われるものなのですね。

駅員さんと話せなかった

大学卒業の直前に、就職活動を終えた後、1か月半だけロンドンに留学していたことがあります。登校初日、地下鉄のチケットを買いたくて駅員さんに学校の最寄り駅を伝えたら、「え?」と聞き返される。あれ、発音が悪かったかなあ、と思いもう一度言うと、「ん?」とまた聞き返される。頑張って発音良く言ってみても、大きな声で言ってみても、通じない。挙句の果てには「そんな駅知らないよ」と言われる始末。結局駅名を紙に書かされて、なんとかチケットを購入できました。

そのとき、今振り返れば本当に最低だなと思うのですが、「私が外国人だから意地悪されたんだ」だとか、「駅員さんは移民みたいだったから英語があんまり上手くないんだろう」などと、完全に人のせいにしていました。

ちなみになんで通じなかったのかというと、読み方を間違えていたんです。「Gloucester Road」という駅名だったのですが、私は「グロウセスター・ロード」と呼んでいました。ところが実はこれ、間の”uce”を発音しないんです! スペルを見れば”glaw-ses-ter”(グロウ・セス・ター)と発音してしまいそうですが、正しい発音は”glos-tuh”(グロス・ター)なのです。

そもそも下調べ不足!完全に私が悪いです。駅員さん、本当にごめんなさい。

ちなみにこういった「知らないと正しく読めない駅名」はロンドンに沢山あるので、気になる方はこちらでチェックしてみて下さいね。丁寧に解説されています。

英語スピーチコンテストで大号泣

中学生の頃、自分は多少英語が得意だと調子に乗っていた私は、英語のスピーチコンテストに出場することにしました。英語力だけでなく話す内容の質も問われるスピーチコンテスト。にも関わらず、私のテーマはあまりに単純で、初めて英語で会話した思い出話。問題提起などは何もなかったと記憶しています。

本番のことはあまり覚えていませんが、緊張と自信のなさで頭が真っ白になり、間が空きながらのスピーチに。とにかく笑顔でごまかしながら、震える脚で話していた気がします。

当然何の賞も取れなかった私は、ロビーだったか駐車場だったか、人気のないところに駆け込んで号泣してしまいました。当時の恩師は「もっと自分が上手くアドバイスできていれば」と言いながら、自分のことのように微かに涙ぐみながら励ましてくれたのですが、こんなに素敵な先生のせいであるはずがありません。ただただ、私の練習不足が招いた結果です。それにしても、あんなに人前で悔しがった経験は他にあまりない気がします。今思うと、詰めが甘かっただけですが。

英語を使う仕事に就職できなかった

新卒の就職活動中、頭が空っぽだった私が仕事に求めていた条件はたった一つ。「英語を使う」こと。

本当にそれだけで就職活動をしました。ただ、今思うと「よし、この子なら英語を使ってうちで活躍できるだろう」と面接官を納得させられる証拠を全く揃えられていませんでした。当時はTOEICの点数も高くなく(国際的な仕事に就きたいなら、満点を取って就活に臨む人だって少なくありません)、ロンドンへ行く前だったので、当時は留学経験もゼロ。

ことごとく選考を落とされ続けた後、「海外展開を進めるため、グローバルに働きたい人を求めています」という一言に飛び付いて就職した一社目は、蓋を開けてみるとメインは国内事業。海外事業はかろうじて存続できているような状態で、そこに携わる人の数は片手で数えられる程度。

結局私は英語とは一切関係のない国内事業部に配属されます。(ここで超パワフルな上司に出会って根性を叩き直されることになり、結果的にラッキーだった話はこちらに書いています。)

悔しくて、そこから沢山勉強する日々が始まりました。しばらくサボっていた海外ドラマを字幕なしで見る勉強法を本格的に習慣づけたのもこのときです。

ここからTOEICも受け直して900点台を取り、晴れて転職をして現在の仕事に至ります。

英語は毎日使うし海外出張もあり、海外の方と協力しながらプロジェクトを進めたり展示会に出展したりする、かつての自分にとっては願ってもない仕事です。…と書きながら、もっと今の仕事に感謝しないとなあと思いました。


今だって、まだまだです。

英語話者の友達といるとき、仲良くなったからこそ、相手が疲れているときに「今きっと私の英語聞くのしんどいんだろうなあ…」というリアクションをされることもあります。

SNSの投稿やこのブログに書いている英語だって、すごく注意しているつもりでも間違えていることもあります。

もしかしたら、英語を母語とする人の中には私が今こうやって発信しようとしている姿を「こんなに間違いだらけなのに?」とばかにしている人もいるかもしれない。実際にそんな風に言われたことはないけれど、いても当然だと思います。

でも、私はやめません。「楽観的に、とにかく楽しんで、やめない。」たったこれだけを守ってきたことで、こんなに変わることが出来たから。それに、まだ20代だし!

この先も辞めずに続けていたら、いつかネイティブ顔負けの英語が話せて、書けるようになるかもしれない。

そんな風に夢をみながら、楽しく続けていくつもりです。だから、一緒に頑張る仲間が増えたら嬉しい。この記事を読んで、失敗談を笑い話にしながら、前向きに続けていこうと思って頂ける方がいれば幸いです。

7+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください