半人前の完璧主義

カテゴリー Uncategorized

昔からわたしは
どこか完璧主義なところがあり
なんかこう、
ちゃんとしたものじゃないと
しっかりと完成したものじゃないと
人には見せられない、言えない
みたいな気持ちがどこかにありました。

(完璧とは程遠いのに、こんな風に言うのは少し気がひけるけど。)

プライベートのことをあまり詳しく あけっぴろげに話してこなかったので、
秘密主義だよねーと言われることも多々。
わたしと話していて
「色々聞き出そうとしてるのに、なんか奥のほうが掴めない…」
と思ったことがある人もいるかもしれません…

でも最近やっと、
いつまでたっても完璧にはならないんだから、もっと気楽に素顔を見せてもいいじゃないか、
と思えるようになってきました。

そのきっかけは本当にちょっとしたこと。

基本的にわたしは、
(よく知ってる人もいると思うけど、)
抜けてるし、どんくさいし、不器用な人間です。

恐らく完璧主義みたいな一面はその反動で、
「せめて時間をかけて作ったものを人前に出すときは、完璧にしなきゃ」
「あえて自分のだめなところを自ら話すことはない」
と思うようになっていたんだと思うんです。

でもその結果何もできずに、不自由になっているわたしを見て、ある人が一言。

「抜けてる人は、好かれるよ。
多少だめなところがある方が、自分が助けてあげられるから。

何でもできる完璧な人の方が好きな人もいるだろうけど、
その人のことまで気にしなくていいんじゃない。」

なんか、一気に肩の力が抜けた気がしました。
まあいっか、誰かに助けてもらっても。って。

ここにくるまでも色んな人に助けてもらってきたはずだけど、
きっといつもそれをどこか申し訳なく思っていて。
でも、純粋に ありがとう と思うだけでもよかったのかもしれない。

まだまだ完璧主義が抜けきらないところもあるけど、
今、ひとつずつ素顔を見せていこうとしているところ。

例えばこのブログ自体も、
理想的な形に完成させようと思うと
まだまだやるべきことは山積みなんだけど
そこまでやるまで人には見せない!
なんて言っていたら永遠にスタートできないなと思って、
見切り発車で えい!って公開したところもあるし。

特に英語版。
英語なんてわたしにとってはどこまでいっても外国語なわけで
それを母語とする人たちがいる以上、
当然自分より上手い人が沢山いるわけで。
拙さや間違いに気付く人も沢山いるはずなのですが、それを怖がっていたらいつまでたっても人前に出せないから。
これももう、えい!って公開してしまうことにしました。

だめなところも含めて見せていくこと。
これは今までやってこなかったことだから、どうなっていくか分かりませんが。
変化していくことは確実にあるだろうなと思うから、それが今は楽しみです。

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください