楽しいことだけやりたい人の
英語勉強法 Vol.6
英語でヨガ

カテゴリー 楽しいことだけやりたい人の英語勉強法

『楽しいことだけやりたい人の英語勉強法』シリーズ、久しぶりの新記事です!

日本生まれ日本育ちでも、勉強があまり好きでなくても、できるだけ「楽しいこと」だけをやりながら英語を身に付けた、そんな私の英語独学方法を紹介しています。

これまで何度も繰り返しお伝えしてきた通り、わたしの思う英語学習の最大のコツは、「好奇心」と「やめないこと」。

「英語に興味はあるけど、話せないんだよなあ」という方は恐らく、「まずは基礎を身に付けなきゃ」と思って机に向かって勉強しているうちに退屈してしまったり、頑張ってもなかなか目に見える成果を感じられなかったりして、どこか途中で勉強することをやめてしまったのないでしょうか。

幼少期から英語を勉強していたわけでもなく、身近に英語を話す大人がいたわけでもなく、それでも第二言語である英語をスラスラと話せるようになった今、ここまでの道のりを振り返って自信を持って言えるのは、
わくわくと心から興味を持てることを題材にして、とにかく(たまにサボりながらだとしても)やめなければ、英語はできるようになる!ということです。
(そう考えるに至った経緯など、詳しくはこちらをご覧下さい)

つまり、これは友人がまとめてくれた一言ですが、楽しく、そして長く続けられる勉強法は「英語を使って情報収集すること」

その方法の例として、このシリーズでは海外ドラマやYouTubeチャンネルなどを紹介してきましたが、今回はなんと「英語でヨガ」
先日『運動が何より嫌いだった私が1か月ランニングを続けて気付いたこと』にも書いた通り、最近はフィットネスがマイブームなんです。(やっぱり下手くそだし、まだ痩せてもないけど…)

そしてなんと今回は、動画を見ながら使って頂けるように、日英対訳の単語・フレーズ集も付けました!初めての試みです。是非最後まで読んで下さいね。


というわけで今回は、『Yoga with Adrian』というYouTubeチャンネルを紹介したいと思います。
その名の通り、ヨガ講師のAdrian(エイドリアン)と一緒にヨガをしよう!というチャンネルです。

「ヨガ経験がないけどやってみたい」「でも教室に通って他の人と一緒にやるのは恥ずかしい…」

そんな思いから、私が「とりあえず自宅で1人で始めてみよう!」と初めてヨガにトライしたのが、彼女の動画でした。

Adrianは声や話し方がとても優しくて、時折ジョークも飛ばしてくれる気さくでお茶目な人。愛犬のベンジーがアシスタント(?)。

初心者と上級者がそれぞれ自分に合った動きを選びながら取り組めるように、色んなパターンを示しながら進めてくれるので、誰でも安心して、リラックスしながら取り組めます。

朝のヨガ、おやすみ前のヨガ、ダイエットのためのヨガ、頭痛改善ヨガ、消化促進ヨガ、失恋したときのヨガ、不安を解消するためのヨガ…など様々なテーマに沿ったヨガを提案してくれていて、
また動画の長さ別に再生リストを分類してくれているので、
そのときの心や体の状態、目的、使える時間に合わせて選択できるのがとっても嬉しいところ。

ちなみにこの動画は『Wake Up Yoga』。朝、なかなか起きられないとき、今日も頑張らないといけないのに元気が出ないとき、このヨガをするだけで心も体もかなり軽くなりますよ!騙されたと思って、是非やってみて下さい。


ここで、英語勉強中かつヨガ初心者の人が英語でヨガに挑戦する際に、少し気をつけて欲しいことがあります。

・無理のない動きを「選ぶ」こと

色んなポーズが出てくるので、初めのうちは出来ない動きも沢山出てくると思います。その時に忘れないで欲しいのが、「無理をしない」こと。頑張って全部完璧にやらなくてもいいんです。

特に腰や膝など 弱いところがある方や、日頃から運動不足気味な方は気を付けて下さいね。

Adrianが繰り返し言ってくれるのが、「人に見せるためじゃなくて、自分のためのヨガだから。体に負担のかかる動きは無理にしなくていい」ということ。彼女のヨガをやるときは、自分の心と体のことを一番に考えて、決して無理はしないでくださいね。

・呼吸を大切にすること

これは言語に関わらず、ヨガに限らず多くのスポーツに共通することだと思いますが、「呼吸を大切に」して下さい。

「無理ではないけど、ちょっと苦しいな…」「もうやめたいな…」と思ってしまうとき、深い呼吸を意識するだけで、体が柔軟に動いてくれたり、苦しさがすっと和らいだりするのです。

また せっかく時間をとってヨガをしているのだからこそ、日頃は呼吸に意識を向ける暇もなく忙しく過ごしている人も、むしろそんな人こそ、この時間は呼吸を大切に、自分と向き合う時間にしてみてはいかがでしょうか。「そんな、呼吸って言われても…」と退屈そうに思うかもしれませんが、きっとまるでご褒美のようなリラックス時間になりますよ!

・ゆっくりと少しずつ慣れていくこと

正直なところ、今回の「英語でヨガ」というのはこれまでの海外ドラマやYouTubeを見続ける勉強法に比べてかなりレベルが高いです!

なぜなら、もし日本語で説明されたとしてもお手本を目で見ながらでないとなかなか理解できないヨガの動きを、まだまだ勉強途中の英語で説明されるのだから。

初めのうちは、言葉で説明されても何を言っているのかよく分からないので、画面から目が離せないことと思います。でも、画面を見たままだったら取れないポーズがあるから、ところどころ耳を頼りにするしかない時間がある。それでも、注意して聞いたところで、何と言っているか分からない…

そんな状態、初めは「いや分からないって!無理だって!」と混乱するかもしれません。

私も初めのうちは 間違えるのはもちろん、ジタバタとそれはそれはかっこ悪い動きをしながら、そんな自分が可笑しくて、もう半分笑いながらやっていました。

でも、そんな状態に置かれるからこそ耳や記憶力が潜在的なパワーを発揮(?)して すごく頑張ってくれるので、思いがけず早く単語を覚えられたり、リスニング力が上がったりするのです。

ただ、言葉がよく分からないから適当にやってみたら、その結果どこかを痛めてしまった!
なんてことになっては本末転倒なので、必要に応じて動画を止めたり、日本語で調べたりということも是非ためらわずにやってみてください。

やりにくさを感じるかもしれませんが、ゆっくり、焦らずやっていきましょう!

身体が動きを覚えるのが先か、耳が英語を覚えるのが先か。

きっとそのどちらもあって、組み合わさりながら少しずつ、ヨガも英語も出来るようになっていくと思います。

その変化も楽しみながら、試してみてください!


とはいえ、いきなりやってと言われても 学校で習わなかった言葉ばかりで難しいと思うので、この動画に出てくる単語やフレーズをPDFファイルにまとめてみました!

↓をクリックするとダウンロードできます。良かったら使ってみて下さいね。
[Like a Tiny Flower]英語でヨガ 単語・フレーズ集.pdf (463 downloads)

みなさんの検討を祈ります!

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください