「最近だめだなあ」と落ち込んだときの6つの対策

カテゴリー Uncategorized

「最近なんだか上手くいかないな」「疲れたなあ」「モチベーションが見つからないや」「自分ってだめだなあ」

こんな気持ちになってしまう時期は、きっと誰にだってあります。そしてこれらの感情は一時的なもので、必ず出口は見つかるものです。

そうとは頭で分かっていても、だからといって問題が解決するわけじゃないし、気分が晴れるわけでもないですよね。今日は、そんなときに試してみたい6つの対策を紹介します。

1.体を動かす

疲れた時にさらに体を動かすなんて、気が進まないかもしれません。でも運動は、体だけでなく心まで健やかにしてくれます。

私はもともと運動が苦手で、大嫌いでした。ずっと運動習慣がなかったため、「落ち込んだら運動をする」なんて発想すらなかったのですが、世界中で色々な人が自己管理の一環で運動をしている姿に影響を受けて、ここ数年でようやく運動を生活に取り入れるようになりました。

運動といっても、私の場合はヨガやウォーキング、ランニングなどのゆるい運動です。それでも、その効果の大きさを実感しています。

日頃忙しなく生きていると、呼吸が浅くなったり、ずっと同じような姿勢でいたり、悩み事が頭から離れなくなったりします。運動は深い呼吸を促してくれ、凝り固まった体をほぐし、体の動きに集中しているうちに、悩み事から気を逸らしてくれます。その結果、かえって体の疲れが取れ、頭がすっきりするのです。

気持ちの切り替えが必要なときや、疲れたけれどもうひと頑張りしなければならないときには、ほんの少しでも体を動かしてから、次の作業に取り掛かるようにしています。

例えばちょっと家の近くを散歩してみるだとか、自宅で動画を見ながらヨガやストレッチをするとか、そんな小さなことでもいいです。私のお勧めはYouTubeチャンネルの”Yoga with Adriene“です。5分程度の軽い朝ヨガから、20分程度で体を鍛えるもの、1時間弱かけてゆっくりとリラックスできるものなど、幅広い動画が用意されています。全編英語なのでリスニングの勉強も兼ねていかがでしょうか?

2.普段行かないところへ出かけてみる

私は根がずぼらなので、意識しないといつの間にか、決まりきった場所の往復だけで何日も何週間も過ごしてしまいます。まだ外出も少し心配な日々が続きそうだし、そうこうしているうちに、いつの間にか視界に入るのは見慣れた風景ばかりに。

たまには目に入る風景を変えてみると、一息つけたり、新しい発見があったりと、心の中の空気を入れ替えることができます。遠出するのが難しくても、いつもと違う道を通ってみる、ちょっとだけ遠回りしてみる、綺麗な建物や自然の豊かな公園、海のそばに行ってぼーっとする…など、些細な変化を付けるだけでもいいのです。

意外なものに心を動かされる自分に気付けるかもしれません。好奇心をそそられる瞬間や、日頃の喧騒を忘れてただぼんやりできる場所に出会えるかもしれません。

3.信頼できる人に話してみる

私は基本的に、「幸せでいること」や「前向きでいること」は、ある程度自分で選択できるものだと思っています。できるだけ幸せでいられる環境を作るために、自分のことをよく知ったり、大切にするものとしないものを区別したり、何かを辞めたり始めたりする。そうした選択を積極的に積み重ねていくことで、人はある程度、自分の幸福度を高められるものだと考えるようにしています。

だからと言って、常に何もかも自分一人で解決しなければいけないという訳ではありません。私たちは大人になる過程で「自立することは大切だ」と教えられますし、それは確かに本当なのですが、かといって全て自分で解決することが、常に得策とは限りません。一人で考え続けていると、いつの間にか自分のワンパターンな考え方や思い込みにはまり込んでしまい、問題から抜け出せなくなってしまうことがあるからです。

たまには信頼できる人に、ちょっと話を聞いてもらってはどうでしょうか。私自身、つい全て自分で答えを出そうとしがちで、自分の中で結論が出るまで問題や悩み事は秘密にしようとする傾向があります。他の人に迷惑をかけたくないし、誰も理解してくれないかも、と思ってしまうから。

でも、むしろそういう人こそ誰かに話してみるべきなのでしょう。自分にはない考えを聞けるかもしれません。たとえ具体的な解決策が見つからなかったとしても、誰かに聞いてもらうだけですっきりすることもあります。「自分が追い詰めていただけで、もっと気楽に考えてもいいのかな」だとか、「取り組み方を変えるべきなのかな」など、抽象的にでも、ほんの少しでも視点が変われば、その先にいつか出口が見えてくるかもしれません。

場合によっては相手のアドバイスがピンとこない場合もあるかもしれませんが、それだって一つの発見なのです。数日寝かせると馴染むかもしれないし、他の考え方や経験と混ざって初めて理解できるかもしれません。もしくは「この考え方は自分には合わないな」ということが明らかになって、もう一度自分を信じるきっかけになるかもしれません。

4.ルーティーンを作り、あえて休まない

偉業を成し遂げた人たちの多くは日頃から「習慣」を大切にしているというのはよく言われる話ですが、確かに理にかなっていると思います。

あなたが頑張りたいことが何であれ、勉強でも何かの練習でも、運動や文章を書くことでも、それをするための時間を予めスケジュールに組み込んでおけば、たとえ気が乗らなくてもやらなくてはいけなくなります。「毎日これだけやると決めたのだからやる」という風に。

そしてそれは継続していくうちにあなたの「習慣」になり、そうすると「気が乗る」までのハードルが低くなります。習慣になってしまえば、考えなくても、意気込まなくても、当たり前のようにやるようになるからです。

私のブログも、書きたいことが溢れてキーボードを打つ手が追いつかない日もあれば、書くことが思いつかない日や、ついサボりたくなる日もあります。でもとにかく、「この期間にこれだけ書くと決めたから」という一心で、あてもなく書き始める。そうすると、いつも絶対に書きたいことが見つかるのです。そして最近は、「たまには休もうかな」と思っても、やっぱり書かないとなんだか落ち着かないのです。いよいよ書くことが私にとって当たり前になってきたのかなと思います。

「気が乗らない」「疲れたな」という気持ちは、もちろん「今こそ一休みするとき」という合図である場合もあります。でもかといって「絶対に休むべきサイン」でもないのです。気が乗らないときに自分をもう一押しして頑張ることは、悪いことではありません。むしろそんなとき、たとえ「決めたから」「習慣だから」という理由でもいいから足を止めなければ、その頑張りがあなたをきっと前進させてくれるでしょう。

5.美味しいものを食べる

忙しくて、あるいはやる気がでなくて、食生活が疎かになっていませんか?心と体の健康は、運動はもちろん、食事とも大きく繋がっています。もしかしたら疲れているのは、栄養が偏っているからかもしれません。

少し手を止めて、栄養に配慮したご飯を丁寧に用意してみるのはどうでしょうか?料理はその間にリラックスできたり、考え事ができたり、あるいは好きな音楽やポッドキャストが聞けたりと、美味しいご飯を食べられる以外のメリットもあります。その時間や元気もないときは、外食やテイクアウトでも構いません。

美味しいご飯を食べることは、栄養を取ることだけでなく、香りや見た目、食感などを堪能したり、その時間や空間、誰かと一緒なら会話を楽しんだりと、その全てが貴重な体験です。

私の場合、つい「食べること」自体に心のどこかで罪悪感を感じてしまいやすいのですが、それは良くないなあと思います。少しずつそういう気持ちを変えられるように、どうやったらもっと食べることを楽しめるのか、考えながら練習しているところです。

6.試行錯誤のプロセスも楽しむ

上手く行かない時期って、辛いです。何事も一朝一夕にはいかないと頭では分かっていても、時には自分を疑ったり、責めたりしてしまうものです。

「今のままじゃダメだ」「もっとこうしなきゃ」と思う気持ちこそが原動力になるのは間違いありません。でも、ずっとそう思っていては、いつの間にか何もかも楽しくなくなってしまいます。

考えてみれば、人生の中で「目標を達成した!」という瞬間よりも、それに向かって試行錯誤しながら過ごす時間の方が圧倒的に長いはずです。願いが一つ叶ったら、さらに大きな欲が生まれるのが人間だから。目標を達成して喜んだ次の瞬間、また長い試行錯誤の日々が始まるでしょう。それなら、良い時期も悪い時期も、経験のひとつひとつの過程を楽しめた方が幸せなんじゃないでしょうか。

なりたい自分や目標地点を見つめることも大事です。でも成功とは、そこに辿り着いた瞬間だけのことではないと思うのです。そこに辿り着くまでの過程、ひとつひとつが成功なのです。失敗すらも、成功に辿り着くまでの道のりのひとつです。

たまには過去の自分を振り返り、「どれだけ成長したか」に焦点を当て、自分を褒めてあげてください。そして上手く行かない日のことは、楽しんでしまうのです。真面目に考えて、やってみて、それでも上手く行かなかったとき、その瞬間を面白がってしまうのです。「難しい挑戦ほど燃えるぜ」と、そう思っていなくても一度思ってみるのです。そしてまた一生懸命考えて、試して、だめだったらまた笑い飛ばして、次の手を考えてまた挑む。もしかしたらこの過程こそが、実は一番面白い経験なのかもしれません。


以上が、「最近だめだなあ」と落ち込んだ時の6つの対策でした。人生、浮いたり沈んだりの繰り返しですが、できるだけどの過程も楽しんでいたいですね。あなたが落ち込んだときは、どんな風に自分を励ましますか?ぜひ教えて下さい。

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください